定期預金で理解できるもの

新生活を応援マネーサイト2016 > お金を貯める > 定期預金で理解できるもの

定期預金で理解できるもの

生まれて始めて定期預金というものを知ったのは、学生時代にたまたま立ち寄った金融機関の窓口でした。 金融機関の窓口には、金利について書かれているものが掲示されていることが多く、普段なかなか金利などに触れる機会のない人でもひと目でわかるようになっています。money09.gif 自分自身で確認することで、中長期的な資産運用を考える人にぴったりだといわれています。 また、金融機関によってさまざまなプランがあり、一定額の定期預金を契約するとさまざまなサービスなどをプレゼントされるといわれていますし、金利なども高いといわれています。 ポイントが貯まるものや、金貨が付くものなどいろいろなものがあるので、自分にとって一番好みのプランを選んで契約をするといいでしょう。 実は学生でも始められる最も手軽でリスクの少ない資産運用というのが定期預金だといわれています。 金融機関によって金利は異なってきますので、ぜひこの機会に自分で納得できる金利が付く定期預金について考えてみてはいかがでしょうか。


関連記事

  1. 定期預金で理解できるもの
  2. 投資信託って何だろう?
  3. 楽天銀行の無料「口座開設」