投資信託って何だろう?

新生活を応援マネーサイト2016 > 管理人BLOG > 投資信託って何だろう?

投資信託って何だろう?

投資信託って何だろうと思っている人へ。

「投資信託」は「ファンド」とも呼ばれているので、聞いたことがあると思いますが、あまり内容は知られていないみたいですね。

money08.gif今回私なりに簡単に説明したいと思います。 これは、複数の投資家から集めたお金をひとつにまとめ、それを資産運用のプロ(アセット・マネージャー又はファンド・マネジャー)に運用してもらうということなのです。 成果が生じれば投資額に応じて投資家に分配金などが還元される仕組みをとっています。 メリットはたくさんあります。 プロに運用を頼めるということから自分で投資するより利益が上がりやすいこと、手間ひまがかからないこと、投資が少額から可能なこと、投資を分散できること、などです。 当然資産にゆとりがあり、長期で増やしていきたい人に投資信託は向いています。 またファンド・マネジャーに向いているのは、金融や世界情勢に興味があり、常に先読みが出来る人です。 投資信託に成功すれば、投資者が投資額に見合った報酬を受け取ることは先に述べましたが、ファンド・マネジャーの年収は、平均して1,500万円〜2,000万円といわれています。 ちなみにファンド・マネジャーになるには、前もって金融庁に登録しなければいけないそうで、これには審査が伴うということです。


関連記事

  1. 銀行マンが求められる理由
  2. 投資信託って何だろう?
  3. 単一通貨「ユーロ」の豆知識
  4. 定期預金か、個人向け国債か?
  5. 今、金・ゴールドの価格が高騰している