定期預金か、個人向け国債か?

新生活を応援マネーサイト2016 > 管理人BLOG > 定期預金か、個人向け国債か?

定期預金か、個人向け国債か?

貯金をちゃんとして資産を形成していかないと、また先が見えない不況に打ち勝つことができないと思っています。 money02.gifだから貯金をしたら定期預金に回すという習慣をつけておいたらいいのです、しかし定期預金の金利だって一昔前に比べたら相当落ちてきました。 これだったら預けないほうがまだましではないかなと思うくらいに低金利なのです。さらに日銀のマイナス金利の導入発表を受けて 低金利時代にもう預金をするメリットはないと思いながらも自宅に大量のお金を保管するのは少々危険ですので、必ず銀行に預けておいてください。定期預金2年物~5年物の金利が0.005%程度引き下げられてるので、すべての金融機関が追随すると思いますが。。

そして定期預金だけではちょっと満足できないという人は、国が発行している個人向け国債を検討してはいかがでしょうか?金利としては定期預金よりもやや高い目の金利ですが、マイナス金利の導入発表で、さらに金利は下がってますが、長年ちょっとずつですけども資産を形成することができると思います。 それに個人向け国債のほうが安定しているしリスクはあってないようなものですので、初めての方でも非常に取り扱いができやすい金融商品ではないかなと思いました。


関連記事

  1. 銀行マンが求められる理由
  2. 投資信託って何だろう?
  3. 単一通貨「ユーロ」の豆知識
  4. 定期預金か、個人向け国債か?
  5. 今、金・ゴールドの価格が高騰している